歯科領域でのマイクロスコープを使った治療について

マイクロスコープを使用した治療のメリットとは

マイクロスコープは手術用の顕微鏡のことを指します。そして、これを使用することで肉眼の3〜20倍に拡大した視野で治療を行なうことができます。

歯科領域の治療は部位が小さく暗いために肉眼での治療はどうしても限界が生じてしまいます。しかし、マイクロスコープを使うことで視野を拡大し、視認性を高めることができます。その結果、マイクロスコープを使った治療は肉眼の治療よりも正確な作業が可能となり、質の高い治療を行なうことができます。

どのような治療に向いているか

歯科での治療は虫歯や歯周病、入れ歯やインプラント、審美歯科などさまざまですが、これらの治療の中で特に歯の根の治療である根管治療が最も必要ということが分かっています。

歯の中にある根管は非常に細かく複雑で今までは手指の感覚を頼りに治療され、術者の技術によって結果に差がでていました。しかし、マイクロスコープを使用し拡大して根管をみることでより正確に治療を行なうことができます。

他にも虫歯を削る際にマイクロスコープを使用することで削る部位を最小限に抑えられたり、詰め物をより正確に詰める事もできます。

マイクロスコープ治療の現状とは

マイクロスコープでの治療は保険適応されていません。また、この機器は非常に高額で保険診療の歯科医院で導入するとかなりの費用負担になってしまいます。そのため普及率が低く、全国で5%程度にとどまっています。さらに精密な治療のため時間がかかってしまい採算を考えると普及しづらいという現状にあります。ですから保険診療ではなく自由診療で使用されるケースがほとんどとなっています。

しかし、施設によってはマイクロスコープを使った治療を保険診療で行なってくれるところもあります。

歯の治療の一種である根管治療は患部を目視で確認できない特徴があります。更に歯の根元の近くには重要な神経が通っているので、安全な治療を受けるためには信頼できる医院を選ぶ必要があります。