美白対策に有効な成分

紫外線をブロックしましょう

シミ・ソバカスの予防には、当たり前ですが、紫外線に当たらないことが最も効果的です。1年の内、紫外線の量が増えるのは4月です。その後、次第に増え続けて6月〜7月頃がピークになりす。また午前10時〜午後2時の間が最も紫外線が強く、外にいると肌は相当なダメージを受けます。紫外線を浴びると肌はメラニンという褐色の色素を大量に生産し、シミの元になってしまいます。外出する時は必ず日焼け止めをたっぷり塗って紫外線をブロックするように気をつけましょう。

メラニンの生成を抑制しシミやソバカスが出てくるのを抑える

美白化粧品はシミ・ソバカスの予防でぜひ使いたいアイテムです。最近は皮膚科でもシミやソバカスの予防に独自で作ったローションや美容液を処方するところもあります。通常市販されているものは、皮膚科のものよりも美白成分の濃度が少なく、効き目については物足りないかもしれなせんが、それでも塗っていると効果はあります。美白化粧品にはメラニンの生成を抑制する役割があるので、シミやソバカスが新しく出てくるのを抑える働きをします。外出時だけでなく家の中にいる時でもたっぷりと塗って綺麗な肌を保ちましょう。

シミ・ソバカスに効果のある美白成分

ビタミンC誘導体は、美白に有効なビタミンCを油にとかして安定させて、皮膚に浸透しやすくしたものです。メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの合成を高める作用もあります。コウジ酸は、味噌や酒を作る職人の手は白いということからヒントを得た美白成分です。味噌や酒を作るのに必要なコウジ酸をもとにつくられ、メラニン色素の生成を抑えてシミ・ソバカスを予防します。ビタミンCとコウジ酸は皮膚科の治療にも使用されるほど信頼性の高い成分です。また最近注目されている甘草エキスは、紫外線を吸収しメラニン色素を抑制する作用があります。

美容液はこれまで基礎化粧品プラスアルファの存在でしたが、最近では使用するのが常識となっているようです。